起業して3回目の確定申告提出(60歳からの起業の意義を考える)

 こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。今日は、起業して3回目に確定申告を提出してきました。残念ながら所得から各控除を引いたらマイナスでした。その内訳を紹介します。

 まずは、収入金額(この金額は経費を引く前の数字です)事業所得、給与、年金、その他(太陽光収入)                           総合計   3,600,000円

 所得金額(収入金額から経費を敷いた金額) ⓐ総所得金額  136,687円

 所得金額から控除される金額        ⓑ各総控除   447,700円

 課税される金額       ⓐ-ⓑ    =           0円

 還付される金額                       16,984円

 支払うどころか源泉で引かれている税金まで帰ってきてしまった。

 私としては、非常に満足できない結果に終わってしまった。

 どこがいけなかったのかを分析しようと思ったのだが、現在の状態では、分析として、まず事業所得が、収入金額に対して、経費が掛かりすぎていて、将来的にこの経費を限りなくゼロに近づける必要がある。

 起業の指導書などを読むと、3年から5年くらいまでに所得が1,000万円ほどになるのが理想である。などと書かれているものがある。

 確かに、お金が沢山儲かれば、お店もひょっとしたら立て直せるかもしれない。内装もきちんとしたものに作り直せるかもしれない。しかしその為に相当の苦労は、仕方がなくなるであろう。さらに沢山のお金を儲けるためには、借金もしなければいけなくなるだろう。その為には相当のストレスとの戦いにもなるだろう。今のように、好きな時にお店を閉め、お茶をしたり映画などを見に行くことは、出来なくなるだろう。なによりも好きなことで起業したこと (例えば好きな時間に菊花石を研究し、自分の考えで石を削り磨くこと、台を付けて商品としてまとめてみる)といった事が出来なくなるのではないか、

 私は、好きな事をするために起業した。お金を選ぶのか、好きな事の時間を選ぶのか、この原点に立ち返りもう一度これを機会に考えようと思っています。

 そして今、私が取り組みたいのは、藤村靖之先生の月3万円事業です。そしてこのような事業を私たちの同世代と語り合い探っていきたいとも思います。ぜひ、同じお様な事を考えてお見えになる人がみえましたら何かコメントをください。心よりお待ちしています。

 それと谷汲山にお見えの際は是非、私のお店にもお寄りください。心よりお待ちしています。

HPアドレス kikukaseki.net 

ネットショップ kikukaseki

天中殺って聞いたことがありませんか?

 こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。 今日は、天中殺って聞いたことがありませんか?と言うことでお話しをしたいと思います。昔、”天中殺”に事を起こすと必ず破滅になる。こんなことが、日本中に言われたことが、ありますが皆さんの中で聞いたことがありませんか? このBLOGでもすでにお話ししましたが、今回は、動画を使ってご説明したいと思っています。

 何か、この頃どうも、よくないなと思われる人は、一度天中殺をみてみたらどうですか?

HPアドレス kikukaseki.net

新たな事業を考える 1(1事業1カ月3万円事業を考える)

 こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。今日は、新たな事業を考える。でお話をしたいと思います。

 現在、老後破産、生活破産などの言葉が、巷をかけめぐっています。youTubeなどでも、沢山の投稿があります。見ていると自分も他人事では、無いように思えてきます。実際年金も昔に比べるとはるかに減ってきていることは、事実です。しかし、そんな事ばかり考え思いめぐらしていると、不安ばかりで心もいっぱいになります。

 そこで将来不安の残らないように、今を考えてみたいと思います。まず一つは、健康の問題、少しでも病気の原因になるような運動不足を失くす。暴飲暴食などをしない。歯など直接の問題ではないが、虫歯などが無いよう早めに治療しておく。しっかり物が噛めないようでは、消化に悪く健康問題の一つになる。その他、健康診断は、なるだけ受けるようにする。 二つ目として心の健康を保つ工夫をする。常に物事を前向きに見るようにする。 三つ目として、経済的な余裕も工夫することが、必要になってくると思います。

 今回は、この三つ目の経済的余裕を考えてみたいと思います。ある本を読んでいたら、一か月に三万円の事業を考える。この三万円事業を三つないし四つ考え月に9万円から12万円の収入を考える。また人によっては、7つから10ぐらいを考え21万円から30万円の収入を考えるというものでした。そこでこれから、この3万円事業が本当に可能かどうかを検証していきたいと思っています。

 実際、私のお店でも人が、来ていただければ、なんとかなるようにも思えますが、なかなか物は、思った様には売れません。この本に書かれているような事業を自分ようにアレンジしていきますが、目標は、5個で15万円をめざしていきたいと考えています。次回からは、その事業を考案し、計画を立をしたいと思います。この経過もBLOGでお話ししていきたいと考えています。その時は、動画でもお話を進めたいと思っています。

HPアドレス kikukaseki.net

ネットショップ kikukaseki

算命学って知っていますか? 天中殺を利用する

 こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。 今日は、以前も紹介しましたが、算命学って知っていますか?をお話ししたいと思います。天中殺に事をおこすと必ず破滅になる。こんな事が言われた時期がありました。皆さんの中にも聞いたことがあるなと思われた方も見えると思います。その為にも自分の天中殺を知り自分の人生をより良く生きる。そんな参考にしていただければ幸いです。

 算命学で天中殺が、必ず12年の内で2年訪れることは、すでに前のBLOGでご説明いたしましたが、この天中殺の時に何をしてもうまくいかない。これは、私が今までの人生を振り返ってもはっきり言えることです。すでにお話ししましたが、私の場合28歳から30歳、38歳から40歳、48歳から50歳、58歳から60歳が天中殺でした。この2年間は、本当にろくでもない年月でした。何をしても、どうあがいてもダメでした。22歳で社会に出て、そろそろ油がのってきたなと思った矢先にガンと頭を叩かれたようになりました。これが28歳の時でした。しかし、それが過ぎた時には、そんなことを上回ることが色々と現れ、その後運が上昇していきました。それと同じように、38歳、48歳、58歳とおこってきました。おそらくこれを読んで見える方も同じような事を経験された方もきっと多いと思います。

 この天中殺は、6つの天中殺に実は、分ける事が出来るのです。

戌亥天中殺 申酉天中殺 午未天中殺 辰巳天中殺 寅卯天中殺 子丑天中殺の6つに分類することが出来ます。

 ちなみに私の場合、午未天中殺です。午未年が、天中殺です。実際この年になにをやってもダメでした。しかし天中殺が開けたその後は、上昇運に恵まれ人生を送ることが出来ました。何回かの天中殺を経験してきましたが、一番の天中殺は、58歳の時です。この時は、非常に悩みました。実は、この時、早期退職の説明があり、退職金などを上乗せするから依願退職をしてくれと言う、その時代の流れでした。仕事がうまくいかず、人間関係でも悩んでいたので、いっその事、仕事を辞めようかと真剣に考えました。しかしこの時仕事を辞め今の事業をはじめた場合、天中殺に始めた事業は、必ず破綻するということを、知っていたので、とにかく我慢しました。そのおかげもあり新しく起業した事業もうまく流れにのり進ことが出来ました。

 天中殺のサイクルはすべて、天中殺、2紘期、3紘期、6紘期、5紘期、4紘期、の順に訪れます。どの天中殺もそれが開けると運が好転していきます。私の場合には、今 2紘期、3紘期を過ぎるところです。その後、6紘期に入ると運が今迄以上に上がるはずです。そうして5紘期、4紘期を過ぎまた天中殺になっていきます。

 これを一つの参考にして自分の人生を組み立てていっては、どうかという提案です。なにかまたコメントでもいただけたら幸いです。また、皆さんのアクセスが多い時には、動画でもお話ししたいと思います。

HPアドレス kikukaseki.net

ネットショップ kikukaseki

千恵子ばあちゃん(88歳)の甘酒

 こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。今日は、私のお店で甘酒を売ってもらっている、私の88歳の母親を紹介します。私の母親は、60歳まで、その当時ローカルの電話局、有線放送のアナウンサーでした。その後、婦人会などボランティア活動をしていました。私がお店を始めたのを機会に甘酒やどて煮、などを販売していただいています。

1月の天恵の里

HPアドレス kikukaseki.net

ネットショップ kikukaseki

60歳のおっちゃんですが、こんなお店を造りました。

 こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。今年63歳になったおっちゃんが、3年前に造ったお店です。寒い時には、こんなお店でも結構儲かるものです。 youTubeなどで、老後破産や定年後の働き方などが、沢山UPされています。また、出生率が過去最低になったというようなニュースが流れています。是非、皆さんの参考にしてください。

 今回は、前回に引き続き動画をUPします。

まだ動画には、慣れていますん。谷汲山にお越しの際は、是非お店にお寄りください。

HPアドレス kikukaseki.net

ネットショップ kikukaseki

このBLOGに動画が貼れるのか?

こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。 今日は、このBLOGを書き始めて今まで何とか動画が貼れないか、と思ってきました。初めて動画を撮りこのBLOGに貼ってみたいと思います。どうなるかは、やってみなければわかりません。

どうにか動画を張ることが出来ました。 

初めての動画です。緊張しています。

今後、60歳~65歳のシニア起業のアドバイスも併せてしていきますのでよろしくお願いいたします。

ネットショップ kikukaseki

HPアドレス kikukaseki.net

孤独に少子高齢社会を楽しく生きる

 こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。 今回は、孤独に少子高齢社会を楽しく生きるでお話をしたいと思います。

 前のBLOGで嫌老社会のことをお話ししましたが、これからは、本当の嫌老社会が訪れる嫌われる老人社会になる可能性がある。これは、五木寛之氏の”孤独のすすめ”で紹介されている一説であります。その中で紹介されている問題を紹介しながら進めていきます。

 日本は、世界から注目される2つの問題を抱えています。日本人のように知恵と能力を持ち、知識水準の高い国民がどうやってその難問に立ち向かうのか、その問題とは、使用済み核燃料の処理の問題です。もう一つが、超高齢社会の行方。 中略 私もたまに感ずるのだけど、若者が集まる喫茶店などに足を踏み入れると、すーつと空気が冷める気配になる。露骨ではないにしろ、いわば「嫌老感」とでも呼ぶべき風潮が世の中に広がり始めているのかもしれません。

 実に嫌な話ですが、今後の社会を考えれば、嫌ですまされない事実だと思います。今は、まだいい時代なのかも知れません、いつも行く喫茶店 コメダで朝モーニングコーヒーを飲んでいるのは、ほとんどが老人の方ばかりです。(これは、私も含んでいます。) 仕事の打ち合わせなどで、現職の若い世代の方も見えます。かたや年金などで、喫茶店で時間をつぶす方もお見えになっています。若い時代に働いて貰っている年金なので、本人は当然だと思って見えますが、次世代の人から見れば、これから高齢者の年金や医療・介護費がこの国の財政を圧迫していく事。次世代の方から見れば、自分たちは、その恩恵を受けられる保証はなく、「しっかり働いて、なぜ今の高齢者だけがいい目をみるのか」という感情が高まってくることが、考えられる。このように五木寛之さんも考えて見えます。その時何がおこるのか、

 若い世代と高齢者との溝が深くなり、高齢者にとっても若い世代の方にとっても厳しい時代に突入し、いわゆる対立に発展していくかも知れまん。 これまでのように高齢者が、ある時期になったら悠々自適な生活は、もはや過去のことになってきています。これからは、高齢者自身の自立が必要になってくるように思います。その為には、経済的な基盤が必要になってきます。

 その為には、50歳ぐらいから次の生活を考えなければなりません。60歳~65歳に定年になったからでは、私は、遅いと思います。やはり5年~10年の準備期間が必要になってくると思います。実行しなくても頭の中で考えるだけでいいと思います。そうする事でだいたいの構想は出来るように思います。

 そうして60歳か65歳で定年を迎えることになります。いよいよ考えていた人生を進むことになります。私が思うことに、やはりそれからの人生は、人に左右される人生には、決して満足は得られないと思います。そのためには、経済的な用意、何をするのかおおよそ決定、家族の支援 などがあれば進むことが出来ると思います。それから健康に注意し収入を考えいくことが必要になると思います。

 とにかく、定年後は楽しく共に生きることを考えてみませんか? 

 谷汲山にお越しの際は、是非私のお店にお寄りください。

HPアドレス kikukaseki.net

水石と菊花石

 こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。今回は、水石と菊花石についてお話をしたいと思います。

 水石の定義は、ウィキペディアでは、室内で石を鑑賞する日本の文化、趣味である。自然石を台座、または水盤に砂をしいて配置して観賞する。とし、水石の呼称には、水盤に入れた石に水をふりかけると色が濃くなり、美しく見えるという説と、古来、日本の公家社会・武家社会の茶席などで、床の間を飾る置物として、山水景を感じとれる石として重用された「山水石」もしくは「山水景石」が省略されたものであるという説がある。 とされている。ちょうど茶の湯と時を同じくしているということです。

 では、茶の湯から説明するとよくわかるのではないかとも思います。茶の湯は、平安、鎌倉、室町、安土桃山時代にインドから中国から日本に入ってきて日本文化をして発展していきました。茶の湯は、乱世の中で心の安定の中で、千利休により完成されたものである。茶室と言う空間の中で、山野一体を表現していきました。これは、石の世界でも同じで石を使うことで、その宇宙空間を創造する。ということと同じではないか、

 水石は、基本的に自然石であることが、求められる。基本的に削ったり磨いたりするようなことはしません。あくまで、川から直接あがったものです。それに対して菊花石は、自然を大切にしつつも花を一番に見るために削ったり、磨いたりします。

  今まで、菊花石を色々と紹介していますが、なかなか綺麗な花は、少ないのです。菊花石は、火山の噴火によって石灰質の物が混ざり合い温度差で咲くのです。(ただしこれは、そういった説が有力だということです。)その為に温度が、一定しない場合には、良い花は咲きません。これは、茶わんなどを作るとき窯の位置によって模様が違ってくるのと同じ原理になると思います。