サラリーマン時代には、無縁だった 確定申告

 こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。 あっという間に3回目の確定申告、今 書類を作成しています。

 サラリーマンの時代は、無縁だった確定申告、無縁と言ういい方は、すこし違うのかも知れませんが、医療費控除や途中で退職した人など、その他としては、何かの理由で年末調整が出来なかった人は、確定申告をしなければなりません。申告の経験のある人は、分かると思いますが、医療費控除などで、税金が返ってくる人は、いいのですが、私のような自営業などは、うっとうしいだけです。しかし、申告は、義務なのでしなければいけません。

 しかし、私の場合、必要経費が収入を上回りかえって年金や、その他太陽光発電の収入までなくなってしまいます。いま戦後最長の景気の回復と言われていますが、皆さんは、どう思いますか?私の場合景気回復などは、していないという実感です。これは、社会保障費や税金などが上がったために返って所得は低くなっているためだそうです。このため各家庭では、消費を抑えてみえるそうです。

 今は、いいのだが将来は、大丈夫なのか?と皆さんが思っているため消費は、伸びないそうです。youtubeなどでも、現業で働いている人の給料明細などを見せたり、給料が低い業務などの紹介が多いのもそのためだそうです。

 今後、人生百年時代になっていきますが、子供を育てリタイアしたら次世代の世話になって老後を送ることは、この超高齢社会では、おおよそ無理なことになってきます。しかし不安な気持ちで生活を過ごしてもやはり暗くなるだけで、良くなることはない。ならばいつまでも自分のことは、自分でするという気持ちを持ってはどうか、そのためには、経済的な自立が必要になってくるのだと思います。

  そのためには、年金だけでは今後無理な時代が来ます。是非、何か収入が入ってくる計画を持つことが必要になってきます。それも自分が本当にしたかった事の延長であれば、なおよいと思います。

次のBLOGでは、生き生きと生きる をお話ししたいと思います。

HPアドレス kikukaseki.net