俺は、太陽か、(???)番外編

 こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。 今日は、”俺は、太陽か、”と言うテーマでお話を進めたいと思います。

 私が、まだ20代の時に”〇〇の服の脱がし方”という本があり、その本を手にした時 何かすごい宝を手にしたような気分になったことがあります。(断っておきますが、昔の話です。)その本を一枚めくると若い女性が、裸で胸とあそこを手で隠している写真が何枚も載っていました。今のようにビデオショップなどというものが無くせいぜい いわゆるエロ本が精いっぱいの時代であそこは、黒で塗りつぶされていたり、モザイクが施されていました。ただ驚いたことに、この本を書いているのが、確かどこかの短大の助教授だったのを鮮明に覚えています。 内容は、と言うと今では、もうはっきりとは、覚えていませんが、とにかく女性を安心させその気にさせる。

  そう言えば、よく似た話が、確かイソップ童話にあったな 確か、太陽と北風 という話の中で、太陽と北風が、旅人の服を脱がすことを競争する。 と言う話であるが、最初、北風は、強い風でその旅人の服を飛ばしてしまおうとしたが、かえって旅人は、服をしっかり握りその服は飛ぶことは、なかった。それに対して太陽は、暖かい日差しで、旅人を包み、最後には、旅人を裸にしてしまう。という話であるが、今の時代、SNSなどで個人の映した写真などが、ネットの中で拡散し、ひよっとすると大変なことになる事がありますので、女性の方は、十分注意してください。

 現代は、男女平等が普通になり、昔みたいに「俺についてこい」と言うのは随分少なくなった というか あまり聞かなくなった。良い悪いは、別にして、その分、男性がすごく弱くなり、女性が強くなりました。 経済が落ち込み、第二ベビーブームの人たちが、学校を卒業する時、就職氷河期に入り会社の正職員として就職できなかったことが、結婚できない要因だと言う人が多い。色々な意見があるので、何とも言えないとないが、男が女をリード出来なくなってきているのもうなずけます。これが、少子高齢化の一要因であると言われる方も見えるようです。 しかし世の男性諸君は、これもまた良しというように思ってきたのか、実は楽なんです。(私も含めてですが)現代は、結婚しなくても性を満足させることも多くなった。その結果かどうかわからないが、男性の精液が薄くなったのではないか、

 しかし、男性諸君 もう一度 女性に”すてき”と言わせその気にさせようではないか、

HPアドレス kikukaseki.net