観賞石の分類 (石の文化)後編

こんにちは、天恵の里、岐阜銘石本舗BLOGの渡辺です。今日は、前回に引き継つずき 観賞石の見方(石の文化)後編をお話ししたいと思います。

 前回は、水石の飾り方までをご説明させていただきました。

 5 水石の三要素 水石の本質は、自然石の観賞である。代表なのは、「石の三要素」である ①形 ②色 ③質 によるものである。詳しくは、BLOGで御説明したいと思いますので、ここでは、省略いたします。 (菊花石の場合、石の中の花も大きく影響します。水石では、自然石を鑑賞するものですが、菊花石の場合その多くは、削ったり、磨いたりしますが、本来ならば何もしていないものが貴重とされています。下の写真で左上が、自然石 で 右上と下の写真が、磨きです。貴様は、どちらが好みですか?)

 水石は、石の好きな愛石家の思いは、1 石は全宇宙の象徴 2 石は、大自然の造形であり自然美のシンボルである。 3 石は、宇宙大自然の物であり山水風物詩の世界を表しています。

 色々簡単にお話を進めてきましたが、私は、茶の湯の世界に少しいたためにその思いと言うか、考えは全く同じものであるように思います。おそらく華道、その他 剣道、柔道 なども同じ考えに至るのでは、ないかとも考えます。

 これからBLOGは、菊花石などの磨き方なども思います。今後、youtubeなどでも発信を考えています。是非、upした時には、ご覧ください。

HPアドレス kikukaseki.net