おっちゃんだって胸のときめきは、あるんだ。

 こんにちは、天恵の里、銘石本舗BLOGの渡辺です。今日は、おっちゃんだって胸のときめきは、あるんだ。で話を進めたいと思います。 題からすれば、艶話に聞こえますが、今回はまた、石の話です。

 私が、一番最初に石を探石に行ったのは、私が55歳の時でした。 中学校の同窓会がありある友達が、石の写真を撮って集まった皆に見せていました。その友達は、その中で、石を売っているようでした。私も親しい友達だったので、それをのぞき込んだ時、非常に綺麗でとても魅力的に思えました。すぐにその石の出所を尋ねたところ岐阜根尾谷に取りに行くとのこと。 予定を聞き私も採石に参加しました。これが、私の菊花石との出会いでした。

山に到着すると、菊花石が山から崩れ落ちている所謂、源流の川で、この当時は、まだ菊花石も山から採取していました。その為に川の中には、沢山の菊花石の細かいものが、少しですがありました。友達が言うには、川へ行き始めた頃は、川が菊花石の破片が沢山あり、川がとても綺麗だったそうです。この当時は、まだバブルが続いており良い石が、手に入ると高値で売れたそうです。余談ですが、石ブームが起こった昭和38年当時は、月給が何千円の時、山で拾った石が、何十万円にもなったそうです。 何の本かは、忘れたのですが、この当時は、八割の人が、お金儲けに走っていたそうです。本当の愛石の人は、やはり二割くらいだったそうです。そう考えると日本版のゴールドラッシュだったのかなとも思えます。

 しかし偶然、綺麗な花の咲いた石を拾うと花と同時にいくらになるのだろうと、想像すると 私のような おっちゃんでも胸のときめきは、大きなものです。

HPアドレス kikukaseki.net

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中